トヨタ 中古車 査定

トヨタの中古車は査定◎

 

プリウスやヴォクシーをはじめ軽自動車ではハリアー、四駆ではランドクルーザーなど国内外問わず多くの車種が世界各国で愛されています。

 

その人気の高さからトヨタの中古車は査定でも「高額査定額」を期待できる傾向にあります。

 

例えばプリウスはバッテリーの関係上、走行距離が査定に影響を与える可能性はあれど十分に高値が期待できる人気車種ですし、
最近のエコブームから人気の落ちた四駆ですが30年も前のランドクルーザー55の中古車に200万近くの査定額がつくことだってあります。

 

 

トヨタの中古車をより高く売るには査定が大事

トヨタはもともと高買取が期待できる車種ですが
より高くを売るためには一括査定サイトで査定額を比較して中古車を売ること
をオススメします。

 

なぜ査定サイトを利用するか

一括査定サイトは簡単な登録を済ませるだけで、複数の中古車業者から査定を取ることができます。いちいち持ち込んだり、電話で査定を取るのは大変面倒ですが、一括査定サイトを利用数ことで大幅な時間の短縮になります。

 

なぜ査定を比較する必要があるのか?

中古車業者にはそれぞれ市場があり、それによって取り扱う査定額が大きく異なります。必要とする車種、欲しい車種が大きく違ってくるのです。
ですからトヨタ車を中心に取り扱う業者などは通常ちより高く査定を付けることがあります。
20万円高く査定がつくことも多々あります。
査定を多く集め比較することでこういった業者に中古車を売ることが可能になるわけです。

 

 

トヨタ中古車で人気の買取車種

ベルファイヤ


2008年にアルファードのフルモデルチェンジによって、後続車として発表されたベルファイヤ。ヘッドライトは上下2分割を採用されており、アルフォードよりもパワフルさや先進性を追求したデザインです。
以前まで社長さんや著名人の方の車といえばセンチュリーでしたが、最近は多くの方がベルファイヤに乗り換えているようですね。やはりは車内が広々使えるSUVのほうが快適なのでしょう。
そんなベルファイヤは近年のSUV人気もあり、トヨタの中古車の中では買取価格の高い。人気の高さから在庫になりにくいため、買取業者もほしい車種なんです。

 

シエンタ

シエンタは2003年にトヨタから発売されたミニバンです。小型のデザインですが3列シートで7人乗りでファミリーカーとしても使い勝手いい。
初代はガソリンのみでしたが、2代目以降はハイブリットも登場。
ちなみにシエンタという名前は「楽しませる」というスペイン語のシエンタのもじった造語だそうです。
シエンタはやはり小型デザインにも関わらず7人乗りという使いやすさが市場でも人気です。女性の購入者も多いのだとか。
値下がりしにくいので、状態によっては思わぬ高値につながる可能性大です。

 

ハリヤー

ご存知の方も多いハリヤー。トヨタ車のSUVの中でも1997年から根強い人気を誇っています。
ハリヤーは高級セダンの快適性、乗り心地を兼ね備えたクロスオーバーSUVという新しいジャンルで発売さたのは、今となってはあまりご存知の方は少ないとおもいます。
ちなみに国外では初代ハリヤー、2代目ハリヤーはトヨタではなくレクサスブランドとして発売されていたんですよ。
そしてこのハリヤーは、値崩れしにくく過去のモデルであって状態によっては上々の買取額がつくことも多々あります。

シーズンで変わる人気車種

売却する際のの人気の中古車はシーズンによっても変わってきます。

 

例えば軽自動車であれば、卒業、就職シーズンなどに需要がぐんと上がる傾向にあるためそれに合わせて1月2月に売却すると普通よりも高査定が期待できます。

 

また、積雪の多い地方や、ウィンタースポーツシーズンに向けて、秋が深まる時期に4WD車の需要が増しますですから秋に入ると高査定になる可能性が高いので格好の売却時期と言えるでしょう。

 

そして、オープンカーは当然ですが、夏の需要が高いです。そのため梅雨の時期かその前に売却すると高査定となります。

 

もちろんトヨタのように人気のメーカーが出している人気車種が上記のようなシーズンにマッチングすろと高額査定の期待道はUPします。

 

ただ人気はもちろん気になる要因ですが、人気を気にしすぎて車の売却を先延ばしにしていると年式や走行距離の面でリスクを負う可能性もありますので、一度査定をしてみて金額に満足したら売却することをおすすめします。

下取りと買取の違い

今の車を売って新しい車に乗りたいと思った時には、下取りと売却と2つの選択肢があります。では、下取りと売却ではどちらがお得なのでしょうか。下取りとは、「車を購入する販売店」に車を売却し、新しい車を購入する際の資金にあてることを言います。下取り価格は、各社が用意している下取り基本価格を基に、車のキズ、走行距離などから減額して価格を決定します。メリットは、車の購入と売却が同じ販売店でできるので手間がかからないことです。売却とは、「中古買取専門店」などに車を売って現金を得ることを言います。買取り価格は中古車業者間のオークション相場を基準にしており、装備やオプションなども評価のポイントになります。買取りのメリットは何と言っても、買取価格です。多くの場合で、下取りよりも売却のほうが高額な査定価格を提示されるようです。車の状態などによって変わってはきますが、下取りと売却では、約10〜30万円ほど値段が違ってきます。では、なぜこんなに買取価格がちがうのでしょうか。大きな理由として販売ルートの違いが挙げられます。販売専門店では売るのが一番の仕事のため、販売ルートがそれほど多くありません。それに比べ買取専門店は、販売専門店よりも多くの販売ルートを持っているため高く売ることができるのです。売却は手続きが面倒くさそうと思いがちですが、買取専門店では、自宅まで無料で出張査定してくれたり、名義変更などの手続きも全て代行してくれるので、とても簡単に車を売却できます。少しでも多く次の車の購入資金に当てられるように、いくつかの買取専門店で査定をお願いし、後悔のないように売却しましょう。

更新履歴