トヨタ 中古車 査定

気をつけて!名義が違うと売却の手続できません

車を売却すると車検証上の名義変更が必要になります。
この名義変更をするためには、所有者の委任状が必要です。ディーラーでオートローンを借りていると所有者はディーラー名義になっていることが多いです。つまり、そのままでは売却できないのです。
信販会社からローン完済の知らせを受けたり、自分で信販会社からの完済証明書を持っていくと、ディーラーが所有者を自分の名義に変えてくれます。この場合、ディーラーの印鑑証明が必要ですが、同様に自分が売却する際も印鑑証明書に登録してある実印が必要です。
買取店の査定士の方は、まず査定にあたり車検証を確認します。自動車のローンが残っており、ディーラーなどの名義になっていると査定をしてくれないことが多いです。借金の残っている車を売却するのは手間がかかるためです。もししてくれるとしてもかなり利率の高い条件の悪いローンへの乗り換えを強いられます。
当初購入したディーラーで下取をする際は別として、他のディーラーで下取をしてもらおうとしても話は同じです。下取車は自社で売るとしてもオークションに出すとしても名義変更が必要です。名義変更ができない車を転売することはできず、市場価値がないのです。